Pitney Bowes Software
グローバルサイト お問い合わせ
ライセンス登録のお客様へ

MapInfo製品のライセンス申請に関するお知らせ

MapInfoシリーズ旧バージョンのSCP(Software Copy Protection)ライセンスキーは、2017年8月10日をもって新たなSCPライセンスの発行を終了いたします。
これに伴い、期日以降は下記の該当製品のSCPライセンスキーの再発行ができなくなります。
何卒ご了承いただきますようお願い申し上げます。
詳細は以下の文書をご確認ください。

【PDF】MapInfo シリーズ旧バージョン SCP ライセンス再発行終了のご案内

お客様がMapInfo製品をご利用なさる際は、弊社にライセンス申請を行っていただき、ソフトウェアのコピー防止処置の解除を行っていただく必要があります。
お客様には、以下の手順で作業を行っていただく必要があります。お手数をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。
ただし、MapInfo Professional (Runtime版を含む)v.9.0 以降の製品については、製品導入時にオンラインでライセンス認証処理がなされるようになりましたので、以下の作業をお客様に行っていただく必要はありません。

MapInfo Professional (v.8.5 以前のもの)の場合

  1. マニュアルに記載されているインストール手順に従いMapInfo Professional / Runtimeをインストールして下さい。
  2. インストール後、起動するとご使用マシンのハードウェアIDに関する情報がダイアログに表示されます。
    (例:V849-12345)
  3. ライセンスキー申請書(Microsoft Word文書)をダウンロードしてください。
  4. 製品番号(シリアル番号)、ハードウェアIDを含めた必要事項をご記入いただき、その記入済みのファイルを添付ファイルとして、以下のアドレスまでeメールでお送りください。
    (ご記入いただく申請者名はライセンスを所有される会社名/ご担当者名となります。)
    japankeys@mapinfo.com
    ※ただし、eメール環境のない方は、FAXにてご申請下さい。 <FAX送付先> 03-6805-1123
  5. 弊社担当者より、コピー防止処置を解除するためのキーを記載したeメールをお送りします。
  6. 製品起動時に表示されるダイアログに、解除キーを入力してください。

上記の作業を行えば、MapInfo Professional / Runtimeを永久に使用することができます。

※MapInfo Professional / Runtimeは、ライセンスキーが無くても20日間は全ての機能がご使用頂けますが、20日過ぎてもライセンスキーが無い場合はご使用できなくなりますので、お早めにご申請下さい。
(20日が過ぎ起動することができなくなっても、ライセンスキーを入力すればご使用になれます。)

※ライセンスキーは個々のマシン、ソフトウェアのバージョンに対してユニークです。OSの再セットアップやファイルシステムの変更を行なうと、ハードウェアIDが変わってしまいます。このような場合にはお手数ですが、再度ライセンスキーの申請を行なって下さいますようお願いします。

※MapInfo Professional v9.0以降の製品は、ソフトウェアのアクティベーションをインターネットに接続して行います。したがって、ライセンスキーの申請は必要ありません。

MapXtremeなど、その他のMapInfo製品

製品によって、ライセンス申請の方法が異なります。製品の箱に同封された、ライセンス申請手続き方法を記載した書類を参照して、ライセンスキーの登録作業を行ってください。

ご記入いただいた個人情報(お名前、メールアドレスなど)は、弊社のプライバシーポリシーに基づいて管理されます。
サイトマップ プライバシーの考え方 リーガル
©Pitney Bowes Japan Corporation, All rights reserved.