Pitney Bowes Software
グローバルサイト お問い合わせ
国内データ製品

NSC 統計データ製品(国勢調査地図版・メッシュ版)

NSC 統計データ製品は、株式会社日本統計センターが整備する統計データをMapInfoで利用できるように製品化を行ったものです。
国勢調査地図版は2010年国勢調査の町丁・字等別地図をベースにして、国勢調査(2010年/2005年/2000年)はもちろん、事業所統計、商業統計、住民基本台帳による人口などの地域指標を落とし込んだものです。
メッシュ版は3次メッシュおよび4次メッシュをベースにして、住民基本台帳やユニークな独自指標を落とし込んだものです。
国勢調査地図版・メッシュ版ともに、スポーツ人口、趣味・娯楽人口、消費購買力、世帯貯蓄高など、統計として公表されていない地域指標を、あらゆる手法により独自の推計・分析を加え提供するというユニークな統計データ製品です。

2017年1月 NEW
・人口・世帯数データ(住民基本台帳ベース)、推計行動別人口が2016年版にアップデートしました
・推計消費購買力データ、推計就業者所得データ、推計世帯貯蓄データが2015年版にアップデートしました
・将来推計人口データを新たに追加しました

NSC 統計データ製品の特長

統計データの年次・種類によって地図を切り替える必要がありません

2010年国勢調査の町丁・字等別地図で2005/2000年の国勢調査結果や経済センサス・商業統計を取り扱えます。したがって、異なる年代の統計を比較した人口伸び率などの時系列比較や事業所数と人口などの異なる統計製品の数字の比較が容易に実現します。

オリジナル推計データでマーケティングの幅が拡大

公的統計データだけでは把握できない、消費や所得などの要素を推計を行い供給します。

  • 行動別人口データ(野球人口、テレビゲーム人口、ボランティア人口など)
  • 消費購買力データ(食料品購買力、家賃地代支出額、洋服購買力など)
  • 就業者所得データ (就業者所得額、1000万円以上所得就業者数など)
  • 昼間人口データ(昼間人口(総数・男・女)、15歳未満昼間人口など)
  • 世帯貯蓄高データ(300万円未満貯蓄高世帯数、4000万円以上貯蓄高世帯数など)

独自手法により欠落データを補正処理

共通マップへの統合時に、一般的な面積按分ではなく、人口密集度や商業集積度に応じたデータ案分処理を実施しています。また、プライバシー保護のため秘匿処理された数値の推計復元を実施し、 実情により近い数字になるよう処理を加えています。

NSC 統計データ製品の特長

ページトップへ

国勢調査データ

人口・世帯・就業者からみた産業構造などを明らかにする統計調査で、国内各地の居住者特性の違いや特性別の居住者数を把握できる基礎的な調査データです。したがって、カバー項目が多様であり、夜間人口をベースにした地域のポテンシャルを総合的に理解するための統計情報として活用します。 公表データに含まれる秘匿の推計も行っています。

データ年次 2010年・2005年・2000年
更新頻度 5年ごと
データソース 総務省統計局「国勢調査 町丁・字等別集計データ」
 人口、産業、職業等の基本集計に関する集計
 従業地・通学地による人口・産業等集計に関する集計
 移動人口の男女・年齢等集計に関する集計
 秘匿情報ファイル
国土交通省「街区レベル位置参照情報」など
対応マップ 2010年国勢調査地図
国勢調査データ

国勢調査データ(各歳別人口オプション)

2010年の国勢調査では発表されていない町丁目単位の1歳刻みの男女別の人口数を推計した結果をオプションとして提供しています。

国勢調査データ(各歳別人口オプション)

経済センサス(事業所・企業統計調査データ)

事業所・企業統計調査は、事業所を対象とする統計調査で、業種別あるいは規模別の事業所数・従業者数を把握できる調査データです。事業所や企業を対象とした地域のポテンシャルを理解するための基本的な統計情報として活用します。

データ年次 2014年・2012年・2009年・2006年・2001年
更新頻度 5年に2回
データソース 総務省統計局「事業所・企業統計調査 町丁・大字別集計データ」
総務省統計局「経済センサス 町丁・大字別集計データ」
国土交通省「街区レベル位置参照情報」など
対応マップ 2010年国勢調査地図
事業所・企業統計調査データ

ページトップへ

商業統計調査

商業統計調査は、全国の卸売・小売業を営むすべての事業所(約 170 万)を対象に、事業所数・売場面積・年間商品販売額等の商業の実態を明らかにする調査データです。
小売や卸売などの商業のポテンシャルを理解するための統計情報として活用します。

データ年次 2007年・2004年
更新頻度 5年に2回
データソース 経済産業省「商業統計 1kmメッシュ規模別表」など
対応マップ 2010年国勢調査地図
商業統計調査

人口・世帯数データ (住民基本台帳ベース)

財団法人国土地理協会より毎年提供される「全国人口統計マスター」および「推計年齢階級別人口付き全国人口統計マスター」を当社の独自手法にて推計変換を行い、2010年国勢調査地図およびメッシュ地図に再編集したデータです。
カバー項目は限られますが、国勢調査が5年に1回であるのに比べ、毎年の更新があるため、最新の地域状況を理解するために有用です。

データ年次 2006年~2016年
更新頻度 毎年
データソース 財団法人国土地理協会「全国人口統計マスター」
財団法人国土地理協会「推計年齢階級別人口付き全国人口統計マスター」
NSC統計データ「国勢調査」
対応マップ 2010年国勢調査地図、メッシュ地図
人口・世帯数データ (住民基本台帳ベース)(2010年国勢調査地図)人口・世帯数データ (住民基本台帳ベース)(メッシュ地図)

推計昼間人口データ

昼間、当該地域にいるであろう人口を性・年齢階級別に推計したデータです。但し、買物客などの非定期的な移動は考慮していません。
昼間における地域ポテンシャルを理解するための情報として有効です。

データ年次 2010年、2005年、2000年
更新頻度 5年毎
データソース 総務省統計局「国勢調査 従業地・通学地集計(その1)」
文部科学省「学校基本調査報告」
NSC統計データ「国勢調査」
NSC統計データ「事業所・企業統計調査」など
対応マップ 2010年国勢調査地図、メッシュ地図
推計昼間人口データ(2010年国勢調査地図)推計昼間人口データ(メッシュ地図)

ページトップへ

推計行動別人口データ

当該地域に居住する15歳以上の者が、1年間にどのような趣味やスポーツ等の活動を行うのか、1日をどのように過ごすのか、と言った行動状況を推計したデータです。
想定する人物像ごとの地域のポテンシャルを理解するための情報として有効です。

データ年次 2016年
更新頻度 毎年
データソース 総務省統計局「社会生活基本調査」
NSC統計データ「国勢調査」
NSC統計データ「年齢階級別推計人口」
対応マップ 2010年国勢調査地図、メッシュ地図
推計行動別人口データ(2010年国勢調査地図)推計行動別人口データ(メッシュ地図)

推計消費購買力データ

「家計調査年報」を基に世帯主の年齢および地域性に基づいた推計を加えて、全世帯の1年間の購買力(消費支出額:いわゆる生活費のこと)を支出の目的別に推計したデータです。
提供する製品やサービスごとの地域のポテンシャルを理解するための情報として有効です。

データ年次 2015年
更新頻度 毎年
データソース 総務省統計局「家計調査年報(家計収支編)」
NSC統計データ「国勢調査」
NSC統計データ「年齢階級別推計人口」
対応マップ 2010年国勢調査地図、メッシュ地図
推計消費購買力データ(2010年国勢調査地図)推計消費購買力データ(メッシュ地図)

推計就業者所得データ

就業者の年収および所得ランク別就業者数を推計したデータです。年収別のターゲットを想定した地域ポテンシャルを理解するための情報として有効です。

データ年次 2015年
更新頻度 毎年
データソース 厚生労働省「賃金構造基本統計調査」
総務省統計局「就業構造基本調査」
総務省統計局「統計でみる市区町村のすがた」
国税庁「民間給与実態調査」
農林水産省「農林水産省統計表」
NSC統計データ「国勢調査」
NSC統計データ「年齢階級別推計人口」など
対応マップ 2010年国勢調査地図、メッシュ地図
推計就業者所得データ(2010年国勢調査地図)推計就業者所得データ(メッシュ地図)

ページトップへ

推計世帯貯蓄高データ

全世帯の貯蓄高および貯蓄ランク別世帯数を推計で求めたデータです。所得や収入といったフローではなく、資産(ストック)の地理的な偏りを理解するための情報として有効です。

データ年次 2015年
更新頻度 毎年
データソース 総務省統計局「家計調査年報(貯蓄・負債編)」
総務省統計局「全国消費実態調査」
NSC統計データ「推計就業者所得」
NSC統計データ「推計世帯数」
対応マップ 2010年国勢調査地図、メッシュ地図
推計世帯貯蓄高データ(2010年国勢調査地図)推計世帯貯蓄高データ(メッシュ地図)

将来推計人口データ

最新の住民基本台帳による各歳別人口データを使用して、コーホート要因法により将来人口(性×年齢別)を推計したデータです。基準人口として最新の住民基本台帳による人口を使用しているため、国勢調査を基準人口とした処理と比べ、より新しい時点の人口分布が反映された推計結果となっています。

データ年次 2021年・2026年・2031年・2036年・2041年
更新頻度 毎年
データソース 公益財団法人国土地理協会「推計年齢階級別人口付き全国人口統計マスター」
国立社会保障・人口問題研究所「日本の地域別将来推計人口(都道府県・市町村)
対応マップ 2010年国勢調査地図

収録項目などの製品の詳細および価格についてはお問い合わせください。
お問い合わせ:e-mail: PBBI-Japan@pb.com
電話: 03-5657-1230

ページトップへ

サイトマップ プライバシーの考え方 リーガル
©Pitney Bowes Japan Corporation, All rights reserved.