Pitney Bowes Software
グローバルサイト お問い合わせ
ロケーションインテリジェンスとは?

ロケーションインテリジェンス(エリアマーケティング)とは?

GIS ロケーション・インテリジェンス


顧客情報や施設情報や取引記録など、企業が所有する位置に関する情報を測定・比較・分析し、その結果を地図へ表現して傾向を明らかにした上で、意思決定に活用し、位置情報を企業活動に生かしていくことを、マップインフォはロケーション・インテリジェンスと名づけました。

日本では、GISという技術用語が一人歩きして、位置情報をビジネスに活用することはGISマーケティングと呼ばれることが一般的でした。また、マーケティ ング部門で活用されることが多いことから、エリアマーケティングや地図マーケティングという言葉で表現されることも多くありました。

地図という特殊なデータを扱うために、GISには専門的な技術が必要とされます。マップインフォは、全社レベルのデータベースを統合的に地図上に表現するアーキテクチャを通じて、特定のGIS機能に依存しない、ビジネスプロセスに沿った、全社の誰もが手軽に情報を地図上に可視化できるロケーション・インテリジェンスを提供します。

GIS ロケーション・インテリジェンス

ロケーション・インテリジェンス(エリアマーケティング)が役立つのは、こんなとき

  • 次のお店はどこに出店したらいいか、地図上で示せ
  • どのお店の売上が伸びているか、また、どこが伸びていないのか、地図上で示せ
  • どこに救急隊を出動させたらいいのか、また、どのルートが一番早いか、地図上で示せ
  • どこにお得意様がいるのか、また、お得意様を増やすにはどこを攻めてマーケティングを行うといいのか、地図上で示せ
  • どこに携帯電話のアンテナを建設したら一番効率がよいのか、地図上で示せ
  • どこにATMを設置したら、顧客満足度が最も高くなるのだろうか、地図上で示せ

ロケーション・インテリジェンス(エリアマーケティング)は誰がどのように活用しているのでしょうか?

さまざまな業界で、さまざまな用途において、地図を活用したロケーション・インテリジェンス(エリアマーケティング)への取り組みがあります。

ロケーション・インテリジェンス(エリアマーケティング)の活用事例

実際に地図を活用してロケーション・インテリジェンス(エリアマーケティング)を導入したお客様の導入事例を紹介しています。

ロケーション・インテリジェンス(エリアマーケティング)を実現するための製品群

位置情報と地図データを取り扱うための高い技術を、誰もが活用できるユーザビリティで実現した、マップインフォの製品です。

もっと詳しく知りたい

サイトマップ プライバシーの考え方 リーガル
©Pitney Bowes Japan Corporation, All rights reserved.